カテゴリ:本( 16 )

「どこにもないパンの考え方」 2

木曜日に買った本を、読み終えました。

この本はきっと、作品に自分らしさを求めている方にぴったりだと思います。
ひとつのパンが出来上がるまでのストーリー、
きっかけを作ってくださる人との出逢いや、パーツあつめ…。
試行錯誤が詳細に書かれていることを思うと、
レシピが載っているよりも重みがあるような気がしました。

すべて読み終えて、ますます行きたい気持ちが強くなりました。

最近お菓子の型を買い控えていたのですが、
「型からアイディアが浮かんでくる」との作者の言葉に、気持ちが大きくなり…。
「お菓子の森」で型の注文をしてしまいました…。
また型の整理をしなくては…!
[PR]
by Nshion | 2008-09-06 19:49 |

「どこにもないパンの考え方」

久しぶりにパンの本を買いました。
「どこにもないパンの考え方」竹内久典著、柴田書店から出ています。

今日お会いしたtomoさんも、「わたしも絶対にほしかったの~」と言われていて、
価値がアップしました♪ 料理本研究家のお墨付き…!

レシピがないかわりに、イメージとそれを形にするまでのことが書かれています。
作者の想いが伝わる素敵な本…、読み応えのある一冊です。
大阪に行くことがあったら、ぜひ訪れてみたいな…。
…でも、いつ行けるんでしょう…?
[PR]
by Nshion | 2008-09-04 20:25 |

なぜ?どうして?がお がお ぶー!

スロベニアの絵本作家 リラ・プラップさん が描く、動物をテーマにしたクイズ番組。
NHKの教育テレビで放送されているものです。

「なぜ?どうして?」のあとに続く、「がお がお ぶー!」という言葉、
きっと意味はないのでしょうけれど、これがセンスなんだなぁと感じます。

黒い画用紙にパステルで描かれた絵は独特なもの。
アトリエが自宅の屋根裏部屋にあり、仕事場からして楽しい雰囲気なのです。

下の子がはまっている番組にですが、8月いっぱいで終わるそう。
残念です…。

c0097842_1138069.jpg

[PR]
by Nshion | 2008-08-28 11:41 |

「毎日楽しむ天然酵母パン」

待っていたtomoさんの本、発売されました!
「毎日楽しむ天然酵母パン」、やっぱりおしゃれな本に仕上がっていて感激しました。

パンだけでなく、お料理や器もtomoさんらしさが感じられる、
お教室の空気そのままが伝わる本となっています…。何度見ても素敵な本です。
わたしにとっても、パンクラスの方々にとっても大切な本となりました。

tomoさん、おつかれさまでした。
そして、出版本当におめでとうございます☆
[PR]
by Nshion | 2008-02-09 15:12 |

谷川俊太郎質問箱

月並みですが、谷川俊太郎さんの詩と糸井重里さんのコピーが好きです。

読者が谷川さんにとるにたらない素朴な質問をして、回答をしてもらう…。
でもその回答が詩人だけあって、ユーモアがあって素敵な本です。

ちょうど遊びに来ていた母にも貸したのですが、
「どうしてこんな本買ったの?」と言っていました。

親子でも趣味が違うんですね…。
[PR]
by Nshion | 2007-12-26 23:35 |

ストウブの本

お鍋といえば、「ル・クルーゼ」が大好きなのですが、
最近「ストウブ」が気になっています。

昨日本屋さんで原田慎次さんの
「ストウブで、わが家は週末レストラン」という本を見つけました。

ひとつ購入できたらいいな…と、カタログ代わりに読んでいます。
[PR]
by Nshion | 2007-12-14 16:53 |

お菓子教室

本間先生のお菓子教室に行って来ました。

今回は「フルーツケーキ」。
いろんな種類のドライフルーツを洋酒漬けにして、
とってもリッチなケーキを教わりました。

でもフルーツケーキはやっぱりむずかしい…。
先生のように、トップがきれいに割れませんでした。

c0097842_21382267.jpg


もうひとつのメニューは「フルーツ・パルフェ」。
フルーツケーキと同じ洋酒漬けのドライフルーツをまぜこんだものですが、
これがレストランのデザートみたいに、とびっきりおいしいパルフェでした。

c0097842_21385137.jpg


そして今回は同じクラスのmakikoさん
「きな粉のマーラーカオ」を作って来てくださいました。

c0097842_21392720.jpg


きな粉の風味がとってもよくて、ふんわりのマーラーカオ。
お教室が人気なのも、うなずけます。
おいしいものをたくさんいただいた一日、ごちそうさまでした☆
[PR]
by Nshion | 2007-11-12 21:42 |

ひとりの時間

朝早く起きて、やっと届いた「ダカフェ日記」を読みました。
写真のコメントがとても短く、でも的を射ていておもしろい。
あたたかくてほのぼのする写真…。
夫婦そろって文才があるのって、素敵。

もうひとつ「世界のフローリスト巡り」を購入しました。
新婚旅行ではパリでもロンドンでもお花屋さんめぐりばかりしたほど、
アレンジメントに夢中でしたが、今はすっかり忘れ去っています…。
そんなお花の世界と隔たりのあるわたしでも、
ちょっと参考にできそうなアレンジに惹かれました。

夏休みに入って、家の中の整理整頓をしたら 少し空間ができました。
ゆとりができてテーブルにお花があったらいいな…と思うように。
最近たまにTiny Nさんをのぞいては、少しのお花を買って帰ります。
今花瓶に差しているブラックベリーとゼラニウムの葉っぱはとても長持ち。
[PR]
by Nshion | 2007-08-09 07:00 |

ダカフェ日記

大好きなサイト、ダカフェ日記が本になっていました。
早く見つけて買わなくては。

森さんのサイトをみると、あたたかい気持ちになれます。
[PR]
by Nshion | 2007-07-28 21:48 |

お料理本

近所の本屋さんがつい最近リニューアルしました。
今までよりも、ずっと品揃えがよくて満足です。

今日購入したのは「庭の小さな仲間たちの季節の野菜レシピ」、
絵本仕立てになっている本。

きちんと書かれたレシピと行程の写真がある本も好きですが、
こんなふうに「大まかなレシピと絵の組み合わせ」も、
想像の余地があって好きなのです。

c0097842_17151714.jpg

[PR]
by Nshion | 2007-06-02 17:16 |